栄養

一日三度の食事で、どんなものを食べるといいでしょうか。主食であり糖質が取れるごはんやパン、
たんぱく質が取れる肉や魚、豆腐などの大豆製品や卵、豊富な野菜や果物など、さまざまな食材を
バランスよくとっていれば、妊娠したからといって特別な食事に変える必要はありません。
普通の食事にくわえ、おなかの赤ちゃんに必要な栄養素を少しずつ意識的にとればいいのです。
とは言うものの、時間に追われ、野菜が不足したり、塩分の高い惣菜や外食に頼りがちなのが、
私たち現代人の食生活です。健康的な食事を取ること自体が難しくなっているともいえます。こうした
不規則でんバランスな食生活は、妊娠生活に影響を与えたり、生活習慣の原因になったりもします。
妊娠中、あるいは赤ちゃんが欲しいと思ったら、これまでの生活習慣を見直す絶好のチャンスです。
外食が多い人、好き嫌いのある人は、コンの機械に一日三度の食事で何を食べているか、不足しがちな
栄養素は何かを把握しましょう。

プレミアムマカモラーダ